ゼネラリストへのキャリアパス

インフラエンジニアとして活躍している方は、それぞれのキャリアパスを描いていると思います。「将来は、こういった道で仕事をしていきたい」といった道筋が決まっていると、今何が必要で自分に足りないものは何なのかを判断しやすいため、仕事にも取り組みやすくなります。

その中には、ゼネラリストが視野に入っている方もいると思います。しかし、ゼネラリストを考えている方の中には、「何をすれば、その道へ進めるのだろう?」と思っている方もいるでしょう。

では、インフラエンジニアからゼネラリストへのキャリアパスについて、ご紹介しましょう。ゼネラリストとして仕事をするためには、何よりも多くの知識や経験、ビジネスを行う上での常識などが身に付いていることが必要不可欠です。ということは、エンジニアとしての知識だけではなく、ビジネスのために幅広い知識が必要になるということになります。

具体的には、どういったことが必要になるかというと、一言でいって広い専門知識です。またリーダーシップを取れる能力も問われるでしょう。時には、クライアントとの交渉も必要となりますから、交渉力なども必要となります。プロジェクトをスムーズに進めるためには、チーム全体を把握し、フォローやサポートもしていくことが必要となります。ゼネラリストを目指すのであれば、IT関連の知識だけではなく、多くの知識を身に着けていくことが必要なのです。中には、不得意な分野もあると思いますが、これらも努力をして身に着けていくことで、ゼネラリストとしての仕事を得ることができます。

インフラエンジニアとして、「将来は、ゼネラリストとして活躍したい」「プロマネとして、仕事をしたい」と考えている方は、今からIT技術だけではなく、多くの知識を身に付けていくことが大切でしょう。仕事のキャリアパスを広げるヒントはさまざまです。まずはインフラエンジニアの将来について書かれた記事などを徹底的に読んでみることから始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です