コンサルタントへキャリアパス

インフラエンジニアの方のキャリアパスは、様々な方向性があります。そのため、ある程度の経験を積んできた方は、今までの経験などを考えながら目指す道を見つけていくことも大切です。
目指す方向性が決まっていれば、今後の仕事への取り組み方なども変わってくるはずです。
では、インフラエンジニアのコンサルタントへのキャリアパスについて、ご紹介しましょう。

コンサルタントを目指したいと考えている方であれば、コンセプチュアルスキルを身に着けていくことが必要。「コンセプチュアルスキルってなに?」と思われる方も多いと思います。コンセプチュアルスキルとは、自分が持っている知識や経験などを基に、事象を概念化するというもの。そして、これらの本質を把握出来る能力のことを指しています。このスキルは、コンサルタントだけではなく、マネージャーとして活躍する際にも必要となるスキルとなっており、責任が大きくなればなるほど、必要となるスキルとなるでしょう。

コンサルタントの場合には、IT戦略立案などを提示していくことが必要となりますが、その際チーム内でヒアリングした問題店なども把握し、システム上にどういった対応をするかを考えていく必要があります。そのためには、このコンセプチュアルスキルが必要となってきます。また、設計を行う際には全体を把握することが必要となりますから、コンセプチュアルスキルがあることで、スムーズに仕事を進めることが出来るようになるでしょう。

このように、インフラエンジニアの方でコンサルタントへのキャリアパスを考えているのであれば、コンセプチュアルスキルを身に着けていくことをおすすめします。そうするために、インフラエンジニアとして責任ある仕事をこなし、経験を積んでいくことが必要となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です