どのようなスキルが必要になるのか

キャリアパスという言葉一般的に使われるようになってきました。

自分の将来を、企業の中で考えたときに管理職やリーダとしての立ち位置を確立したいと考えたときに、どのような知識や経験、また実務はどのようなものが必要になって、どれぐらいの期間その実務に従事しなくては熟知できないか、といったことを具体的に考え、計画をして目標へのルートを作ることをキャリアパスといいますが、企業の成熟度や業務の内容によってキャリアパスの内容は異なってきます。

特にインフラエンジニアなどは、数年前に比べて今は大変需要の高い職種になっています。
ですが進化や変化の早いIT業界では、また代わりの職種が登場するかもしれません。
いつまでもインフラエンジニアとして、また企業の一エンジニアとして働くには将来に不安を感じるかもしれません。
そこで考えておかなくてはいけないのが、キャリアパスになってきます。
同じようにキャリアパスといっても、企業に異なるキャリアパスですから、スムーズに進めることが出来ても、その企業の中でのポジションに限定されてしまうことが多いのでよく見定めたり、考えて行動しなくてはいけません。

インフラエンジニアのスペシャリストとして、そのまま現場のスタッフとして働くことが出来ますしかし、その先の将来を考えた時にその上はないのではないか、と考える人が多いと思います。
ではリーダーや管理職を目指すといったキャリアはどうでしょうか。
管理職になるためには、他のスタッフと同じレベルではいけません。スタッフ以上の知識に経験、、また技術も必要になってきます。
これらのことは仕事をしながら身につけていくしかありません。
それがキャリアパスなのですが、必要な知識や技術は何か、またそれらを習熟するにはどうすれば良いのか、また習熟するにはどれぐらいの期間、時間が必要になるのかも自分自身でしっかり調べておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です